ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

「言の葉の庭」と「きね子」の共通点

自分が高校生のころゲーセンによくあった、腕相撲のゲームやパンチ力を計測するゲーム。

いまでは、とんと見かけなくなった。

そもそも、あんなモノに金を使うのはゲーマーとしてありえないのだが。

 

まずは、腕相撲のゲーム。

このゲーム、センサーがよくできていたのか、両手を使ったり、ふたりがかりでやろうとすると、なぜかかならずバレて失格になってしまった。

いまでも、どうやってズルを検出していたのかが、わからない。

また、とくにハマっていたわけでもない。

プレイする人のDQN度が高かったのであろう。

すぐに腕のガワが割られていて、故障中になってしまった。

 

つぎに、パンチ力を測定するゲーム。

これは「ソニックブラストマン」が有名だと思うが、とくにソニックブラストマンに思い入れがあるわけでもない。

 これから書くパンチ力を測定するゲームは、ソニックブラストマンではなく、ホントに無名の機種。

もうメーカーすらおぼえていない。

100円玉を1枚入れると小さなうす汚いサンドバッグが起き上がり、3回パンチ力を測定できた。

サンドバッグの奥にある画面には、いかにも悪そうな不良や、チンピラ、ヤクザや外タレの絵が表示された。

サンドバッグをぶん殴ると、不良やチンピラの顔が凹み、3回のパンチ力の合計がステージごとに規定された数値に達すればつぎのステージに進めるといった内容だった。

 

ふだん、こんなゲームはやらないのだが、学期末の日などは、ゲーマーでもない一般人(いまでいうウェイ系)のクラスメイトもゲーセンに来ていた。

一般人のクラスメイトには、身長が190cm以上ある男子がいて(以下「S」とする)、そいつがパンチ力を測定するゲームをはじめた。

最初のステージの1回めのパンチ。そいつは125kgという数値を出した。

これがすごいのかどうかは、わからない。

 

うしろで見ている自分に気づいたSが声をかけてきた。

「ちょっとやってみる?」

 

まあ、うしろでSを見ていたわけではなく、となりにいたどこの学校かもわからないSのカノジョらしいギャルを見ていただけなんだが。

 

パンチ力というのは、ただ拳を対象にぶつけるだけでは威力はほとんど、ない。

足の移動や腰のひねりなどをすべて拳に乗せないと意味がない。

 

マンガの知識でそういうことを知っていた自分は、それっぽくやってみたが、けっきょく結果は80kgしか出なかった。

(さらに、これで手首を痛めて、1ヶ月くらい痛みがおさまらなかった)

 

グローブをSに返す。

 

Sの3回めのパンチは、グローブをつけなかった。

 

Sの3回めのパンチが炸裂。

正確にはパンチではなく、長身ならではのヤクザキック(前蹴り)だった。

パンチ力を計測するゲームでキック。ホンモノのDQNである。

数値は185kg。

「こいつとだけはケンカしたくない」と本気で思った。

 

とくにあいさつするわけでもなく、その場を離れた自分は、すぐにスト2やメダルゲームに夢中になり、そのあとのことはよくおぼえていない。

 

そして夏休みが終了して新学期初日。

Sは学校を休んだ。

それどころか、Sは学校に来ないまま数カ月後に自主退学した。

 

あとで聞いた話によると、体内に銅ができるという病気だったらしい。

体内に銅ができる病気。当時は完全に意味がわからなかった。

 

インターネットというのは便利である。

調べればなんでも教えてもらえる。

たまたま思い出して、その病気について調べてみたが、けっこう深刻な病気らしい。

 

パンチ力を計測するゲームをプレイしたのは、それが最初で最後の1回であった。

これからもプレイすることはあるまい。

 

そこで、「事の葉の庭」である。

一発でやられてしまった。ズキュン。

 

なんでおまえら、そのまま付き合わないんだ(怒)

なんで靴を渡してないんだ(怒)

 

など不満点もあるが、女性の足指の描写だけで神アニメ確定。

 また、雨の描写がとくによい。

 

この動画の2:35からに注目されたし。

「きね子」という、アイレムから発売されたディスクシステムパズルゲームの「タップ・タップ・タップ」というステージを連想させる。

ていねいに描かれた雨の描写は、すばらしいのひとこと。

 

「きね子」はまさに「動くジグソーパズル」と表現するのがピッタリなゲームで、パズルゲーム好きで知らない人は、完全に人生を半分ドブに捨てているレベルなので、どんな手段を使ってでも、プレイしてクリアしたほうがいい。

 

そして「パズルゲーム好きで「きね子」を知らない人は、完全に人生を半分ドブに捨てているレベルwww」と公言しよう!