ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

ブランカとゴジラ

自分はゲームセンターで、スト2ダッシュのブランカを使い、64人ほど勝ち抜いたことがある。

たぶん、けっこうすごいと思う。

 

当時、自分は高校生だったはずだ。

 

ブランカというキャラは、おそらく制作側としては初心者向けのキャラだったんだと思う。

ジャンプが速く、大パンチや大キックのダメージが大きい。

飛んだり跳ねたりしてドンパチしてるだけで勝てるキャラ。

そういう位置づけだったのだろう。

 

スト2ダッシュ時代は「中段攻撃」という概念が、まったくなかった。

相手のジャンプ攻撃を立ちガードしたあとは、しゃがみガードしていれば絶対に安定だった。

 

これを崩すのが「当て投げ」という技である。

ジャンプ攻撃をガードさせたあとにツカツカ歩いて投げる。

 

当時のスト2事情を知る人は少なくなってしまったようで残念だが。

 

当時を語ってもいい?

語る?

膀胱カタル?

 

ジャンプ攻撃をガードさせてからの投げ。

これが「ハメ技」と批判されていた。

 

これを批判されると、ブランカと本田は険しい。

 

ブランカと本田における必殺技のつぎのダメージソースは、噛みつきと鯖折りである。

 

飛び蹴りガードしたあとに昇竜拳とか出せるヤツらマジで楽勝だよなー。くそう、くそう!

 

という自分も、ストリートファイターゼロのベガで、相手の飛び蹴りをガードした直後にサイコクラッシャーのレベル3のコマンドを出すと、なぜか相手の出した足払いに全段ヒットして、それが連発して松戸のゲーセンでDQNとリアルファイトに巻き込まれそうになったのもいい思い出。

 

とりあえず、ストリートファイターゼロのベガ。

サイコボールみたいな波動拳的なヤツを、1画面に2個出せるのが最高にヤバいと思った。

だから、ベガ様を使いました。

ストリートファイターゼロブランカとか、眼中になかったもんね。

アウトオブ眼中。

子どもは知らない言葉。

 

ストリートファイターゼロのベガ。

ダウンさせたらサイコボールを2個投げて、ヘッドプレスしたりしてるだけで、わりと勝てる。

 

話が飛んでしまった。

 

そこで、ブランカである。

 

自分の推しキャラのブランカ

これが、意外と知られていないのだが、垂直ジャンプ大パンチ(ブッシュバスター)が、ものすごく強い。

相手のジャンプに合わせて対応すると、一方的に勝てる。

ザンギエフのボディプレスも叩き落とす。

 

たまには、こういう「内容がないようwww」みたいな記事もいいのではないだろうか。

 

おそまつさまでした。