ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

ゴジラECストア、本日オープン!!

本日は、ついにゴジラのECストアがオープンするというので、開店凸してやろうと思いサイトを見たが、どうも「交通アクセス」という項目がない。

おかしいなと思って調べたら、ECストアというのはネット上のお店のことで、実店舗があるわけではないらしい。

ガンガン撮影して盛況っぷりをブログに書こうとした計画が頓挫してしまった。

それどころか、あぶなく大恥をかくところだった。これは自分の心の中にしまっておきたい。

 やはり、わからない単語はかならず調べるようにしたいものだ。

  

知ったつもりで使っていた日本語が、じつは意味がぜんぜんちがうということはよくある。

 

なので自分は「確信犯」「役不足」などの単語はぜったいに使わない。封印した。

 

また、水泳で有名な藤島康介も、「ああっ女神さまっ」というマンガで有名な北島康介誤爆する可能性があるので、リアルの会話ではぜったいに出さないようにしている。封印した。

 

ちなみに本日は自分の誕生日でもあるのだが、衝撃の事実が判明した。

 

なんと、ゴジラの誕生日も本日だというのである。

 

この歳になるまでゴジラ映画などまったく眼中になかったのだが(アウトオブ眼中)、そもそもネタになればいいやという軽い気分でこのブログを開始したのに、急にゴジラに対して愛着を感じはじめてしまった。

まさかの推し増し!?

イヤイヤイヤイヤ!!

 

おそろしい偶然というのもあるものである。

ただ、ガチで知らなかったのは事実だが、自分のコンテンツ力を高めるためにも、ここは「わかっていて壮大な仕込みをした」ということにしておきたい。

 

ちなみに、11月3日が誕生日の有名人としては

 

ゴジラ

明治天皇

ジョン=モンタギュー

マルティン=クッタ

三遊亭 円馬

斉藤喜彦

山崎豊子

手塚治虫

西村寿行

神取忍

幸四郎

錦戸亮

エドモンド本田

 

などがいるらしい。

このリストはただの文字数かせぎであり、ぜんぜん知らない化学者っぽい人物も挙げて物知りアピールである。

 

個人的には山崎豊子西村寿行が同じ誕生日だったのが、なんとなくうれしい。

 

西村寿行の小説はホントにおもしろい。

かなりハードなエッチ描写もあるため、中学生くらいのころ父親に「本棚の西村京太郎は読んでもいいけど、西村寿行はまだ早いから読むな」と釘を刺されたが、それを言われたのはすでに本棚の西村寿行作品をすべて読んだあとであった・・・・。

 

自分が「西村寿行作品をすべて読んだ」という立場になるためには、おそらく残り数冊ですんでしまうと思う。

西村寿行全通。

これは自慢できる。自慢したい。

 

ほかに全通したいのは、大藪春彦あたりだろうか。あの「ヴィデオ・テープ」「サヴァイバル・ナイフ」などの表現が好きなんだが、なぜか読む機会にめぐまれない。

 

角川ホラー文庫も20年前には確実に全通したが(文庫に通し番号が振ってある)、そこからたくさん出ているはずなのでいまからだと険しい。

 

西村京太郎全通はさすがに厳しいし、達成するのは苦痛でしかないだろう。

もっとも尊敬に値するのは西村京太郎全通もしくは、ハーレクイン文庫全通ではないか。

いたらぜひ名乗り出てほしい。

表彰してあげたい。