読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

知らない人の会話とゴジラ

テーブルにはボールペンで書き殴ったであろう、よくわからない図。

 

「もう、ホントにこいつがクソやねん! (ダン!(テーブルにジョッキを叩きつける音))」

「わかります」

「キミ、いくつなんや?」

「24です」

「わっかwww でもそれでいいで!」

「ありがとうございます!」

「よくおぼえておいてほしいのは、いまのテレビ業界のADはホントにクソなんや!」

「そうなんですか」

「クソもクソやで!」

「わたしも実家でそれなりに給料もらってるんですけど、これがやりたい仕事かというとそうでもないなと」

「そうやな」

父親が◯◯の小売を継げってうるさいんだけど、それなりの給料って上限を決めて払ってるだけで、ただの税金対策だろって思うんですよ」

「そやな」

「だからわたしは、そのもらってるお金には手をつけてないし、いまのうちにクリエイティブ系にいきたいなと」

「そういう野心が重要なんや! 」

「親からは自殺だけはするなと言われてて」

「せやな」

「電車に飛び込んだら家族に請求がくるとか、家業に傷がつくって」

「せやな」

「なので、よろしくおねがいします」

「かんぱーいwwww」

「まず、こういう絵がある。1秒いくらで交渉するんや。見る人が見ればYouTubeとかに売れる。ADはホントにクソ!」

「わかります」

「キミも24でビル持ってる親いるんだから、そこは大事にしないと」

「そうですよね」

「キミみたいな人材が◯◯TV(声優の配信サイトらしい)には必要なんや!」

「はい、ありがとうございます」

「テレビをなめたらあかんよ。テレビ業界ってのは、ほんまにすごいんや!」

「でももし、わたしがぜんぜん使い物にならなかったらどうしますか?」

「いや、ほんまにキミ、そんな実家でぬくぬくしてたら3日で辞めると思うでwww」

「きゃーwww」

「どうしてもこの業界でやりたいなら、その親の資産を有効に使ったええ。相談に乗るからつぎの店いこか」

「はい!」

 

どっちも、がんばってね。