ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

ネット上の立居振舞について。あと、湯のみは「上り坂」以外はぜんぶ買えました。

たまにtwitterで、自分がたまにライブを観に行く「でんぱ組.inc」というアイドルグループのことを検索することがある。

 

検索するときはたいてい、めんどくさい状況になっているのを興味半分の野次馬根性で探そうとするときだけだ。

 

ホントにただの、野次馬根性。

最低だな。

たけぴょんは、クソ。

 

基本的にトラブルが起きたときに我が者顔で首を突っこんでギャーギャーと騒いで、好きな対象をよけいに炎上させる人たちが大の苦手なんだが、裏でコッソリと調べている時点で自分もたいして変わらないかもしれない。

たいして変わらないな。

たけぴょんは、クソ。

 

ただ、インプットしておくのと、それを無責任にアウトプットするのは、ちがうと思う。

 

かなり前の話になるが、とんねるずが司会のテレビ番組があった。

そこに、大泉洋というタレントが出演する回があった。

大泉洋は「水曜どうでしょう」という、当時は北海道限定で放送していたバラエティ番組で圧倒的な支持を得たタレントである。

 

とんねるずが全国ネットで大泉洋をイジる」というシーンがあった。

 

「北海道の星って呼ばれてるんだって?」

「はい、まあ」

「それで最近調子に乗ってるんだって? www」

 

そこで大泉洋がガチギレしたときのセリフがいまでも忘れられない。

 

「あんたたちねえ! 自分たちの発言の影響力を考えてくださいよ(怒)」

 

この大泉洋のセリフで会場は大爆笑。おおいに沸いた。

まあ自分も笑った。

しかし、このテレビ番組を観ていた自分は、こう思った。

 

「周囲への影響力がある人ほど、自分の発言には責任を持たないといけないんだな」

 

また、このテレビ番組と近い時期に、スパイダーマンの映画を劇場で観たが、ナレーションでこう字幕に表示されていた。

 

「大いなる力を持つ者には 大いなる責任が伴う」

 

この記事は、あえてこれで終わりにしようと思う。