読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

エロゲー懐古厨プレイ『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』002

プロローグをクリアしたあとは、なんとなく話を思い出しつつ先に進む。

 

ここで以前にプレイしたときも意味不明だったバグ? を思い出した。

 

20ページ目の書類を亜由美さんに渡したあとに茂みを探すと20ページ目の書類が見つかるのである。

 

20ページ目の書類を渡しても、渡してないことになって話が進んでしまう。

 

いわゆる「宝玉セーブ」を使って何度か確認したが、やっぱりおかしい。

 

とりあえず、こんな序盤で気にしては追善にはならないので、どんどん進めることにする。

 

そして、これはもう何年も前から感じていることだが「ノベルゲー」「ギャルゲー」「エロゲー」においてのボイスは完全に自分にとっては不要である。

 

文章を読む速度というのは、人それぞれだろう。

すごいシーンではテンションが上がって読む速度のテンポが重要だと考える。

 

ここに特徴的な語尾のキャラクターがフルボイスで登場すると、自分はイライラしてしまうのである。

 

思い出すと、家庭用ゲーム機に移植されたエロゲーもボタン連打でぜんぶボイスを飛ばしていた。

だからどうのこうのというわけではない。

フルボイス化がうれしい人も当然いると思う。

 

需要があるからフルボイスがある。

 

それだけのことだ。