ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

「戦場の狼」における、ゴジラの影響

20世紀の遠い昔、「戦場の狼」という縦スクロールのアクションゲームがあった。もしかしたら、シューティングゲームかもしれない。

このさい、そんなことはどうでもいい。

 

このゲーム、8方向移動+マシンガンと手榴弾という2種類の武器だけで、ほかの要素がまったくない。

 

マシンガンは射程が中途半端なうえに、レバーを倒している方向にしか撃てないので、逃げながら攻撃するといった行動ができない。

近くの敵を倒すためには敵の方向を向く(敵の方向に移動する)必要がある。

そして、敵に触れるとミスで残機が減ってしまう。 

榴弾が投げられるのは真ん前だけ。さらに弾数制限がある。

いまこのゲームが置いてあっても、100円玉を投入する気にはならないかもしれない。

 あとになってから、そういった問題を解決した「怒(いかり)」というループレバー(検索してくれ)を搭載したゲームが別のメーカーから出たが、これはもう難易度が鬼すぎて、1コインクリアできるプレイヤーがいたのかどうか、かなりあやしい。

 

戦場の狼には、「軍曹」という、攻撃はしてこないのに倒すと高得点のキャラが出現するが、たまに歩く方向がバグっているのか、後ろ向きにスーッと滑るように移動しながら出てくる。

 

自分はそれを先に見ていたものだから、マイケルジャクソンのムーンウォークをはじめて見たときは「あ、戦場の狼のパクリだ!」と本気で驚いた。

 

そこで、ゴジラである。

自分の知識のアンテナだけで、パクリだなんだと決めつけて貶める行為は、それだけで自分の首を絞めているようなものだ。

パクリとリスペクトのちがいを理解できないのも恥ずかしい。

いま自分が見ている、その景色を信じたいものだ。

はなっから斜に構えて作品を鑑賞するほど、愚かなことはないと思う。

自戒をこめて、ここに記したい。