ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

私たちは音楽の未来を奪うチケットの高額手数料に反対します。それとゴジラ

コンサートのチケットを独占して売り、不当に手数料を釣り上げるプレイガイドや業者が横行している現状に、私たちは強い危機感を持っています。これらの組織的・システム的にチケットの販売権を独占するごく少数の人たちのために、チケットが本当に欲しい数多くのファンの負担になっていることに強い憤りを感じています。転売サイトで、入場できないチケットや偽造チケットが売られるなどして、犯罪の温床となっていることと、チケットの高額手数料はまったく別問題です。

 

また、私たちファンがあずかり知らないところで自らの組織は豪華な自社ビルを建ててウハウハしていることで、ファンは高い手数料を払って大きな経済的負担を受け、何回もコンサートを楽しめたり、グッズを購入できたであろう機会を奪われています。

 

このように、すべての弊害が音楽を愛するファンに及んでいる状況を放置しておくべきではないと私たちは考えています。

 

イギリスでもだれかが、なにか活動をしています。

日本の音楽業界でも、なにかを訴えています。

 

ファンから音楽を楽しむ豊かさを奪う、この「チケット高額手数料問題」について、

皆様にもぜひ一度お考えいただきたいと思います。

 

#高額手数料NO

 

賛同ファン(順不同)

たけぴょん / takepyon / TKP

※賛同してくれるファンがいたら、ここに名前をのせてあげるので、コメントで名乗ってほしい。のせてあげる。

 

そこで、ゴジラである。

そもそも、チケットの手数料は高すぎるのではないか。

おりしも、PCデポという店の高齢者を対象にした高額サポート契約が問題になったばかりである。

 

手数料というと、どうせ手間賃かなにかが元ネタなのだろう。

むしろ、コンビニでチケットを20枚30枚と同時に発券するようなファンが手数料をもらうべきである。

うしろに並んでいるほかの客どころか、店員にまでイライラされるファンの立場にもなってもらいたい。

 

ゴジラ映画の感想が人それぞれなのと同じで、チケットの手数料に関する考えかたも、人それぞれなのだ。

 

記事前半の元ネタはこちら