読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ

シンゴジラを映画館で観る前に歴代ゴジラ映画をすべて観るのを目標にしていましたが、ついに達成しました。

推しの好きなしぐさについてと、ゴジラ。

たまには単発の4コママンガでも。

なんかオレ様の4コママンガの隠れファンもいるみたいだしな!

 

 

f:id:TKPTKP:20170220014959j:plain

 

反論できるヤツだけ、かかってこい!

ぜんぶ華麗にスルーしてやる!

ていうか、みんなほぼほぼ同意でしょ。

 

とくに1位のヤツ、よくない?

クセなのかわざとなのかはわからないけど、あのしぐさ、ホントに好き。

 

江戸しぐさ」ならぬ、「えいしぐさ」ですわ。ワッハッハ!!

「キンダビカリ」とゴジラ

小学5年生くらいのころだろうか。
以前にも書いたと思うが、自分は当時ホントに男子が観るようなロボットアニメにまったく興味がなくて、魔法少女アニメばかりを観ていた(親にかくれて)。
とはいえ、デンジマンサンバルカンなどの戦隊モノや、宇宙刑事モノはよく観ていた。
なんでロボットアニメに興味がなかったのかは、よくわからない。
ロボットアニメが苦手なのではなく、魔法少女アニメのほうが圧倒的におもしろかったのだろう。

いまでも、アニーが跳び蹴りやジャンプアクションをしたときの、革のミニスカートからくり出すパンのチラはよくおぼえている。
たぶん、白だったと思う。
よくわからない。話が飛んだ。

そこで、キンダビカリである。

当時は、小学校にアニメ雑誌を持ってくるのは禁止だった。
見つかったら即没収して、卒業式の日に返却されるというシステムだった。
女子は「明星」なんかをよく没収されていたように記憶している。
生徒によっては、卒業式の日に段ボールで2箱も返却されたヤツもいた。
(自分は3品を返却された)

クラスメイトがクラスに持ちこんだアニメ雑誌(アニメディアだったか)の、ロボットのツノとか武器の先端がキラーンと光っているイラストを見て、やたらと自慢げに解説するヤツがいた。

「これがキンダビカリなんだよ!」

興味がわいて、そいつの解説に耳をかたむける多くの男子たち。
自分は、だれにも魔法少女アニメしか観てないということを隠していたので、ここではテキトーに愛想笑いをしていた。

「キンダビカリっていうのは、すごい技術なんだぜ!」

「キンダビカリ」と呼ばれるイラストを見ると、なるほど実際の写真でよくある逆光で生じる効果のような描写が、○と線の組み合わせで表現されていた。

たしかに、ものすごく光って見える。

 

f:id:TKPTKP:20170219024243j:plain

※キンダビカリ参考画像

 


そして、このときの自分は「キンダビカリ」を「キンダ光り」という言葉なんだろうと勝手に自分で解釈していた。


そして時は一気に2009年まで流れる。

職場でいつものようにネットを見ながらサボっていると、ヤフーのトップページに、とある有名なアニメーターが亡くなったというニュースの見出しが表示された。

なんとなくクリックすると、「レンズの逆光の表現をアニメに取り入れた、いわゆる「金田光り」で革命を起こした人物」といった紹介がされていた。
とても偉大な存在だったようだ。

その人物の名は「金田伊功」というらしい。
もちろん、自分はピンとこない。
かなり偉大な人物だったということしか、わからなかった。

しかし、「金田光り」「逆光の表現」というところで過去の記憶がよみがえったのである。

もしかしてあのときにアイツが「キンダビカリ」と騒いでいたのは「カネダ光り」のことだったのではないか。

そこから「金田光り」で検索をすると、なるほどどうして。
どう見ても「カネダ光り」のことでした。本当にありがとうございます。

だったんだが、この話にはまだ続きがある。


さらに時は2017年まで流れる。

ここで自分は、衝撃の事実に直面した。
どうやら「金田伊功」は「かねだよしのり」ではなく「かなだよしのり」らしい。

つまり「キンダビカリ」がホントは「カネダビカリ」だと気づくまでに23年かかり、「カネダビカリ」がホントのホントは「カナダビカリ」だと気づくまでに8年かかったのである。

これは、おそろしいことだ。

おそらく小学生のころに「キンダビカリ」だと言っていたヤツも、だれかからまちがえた知識を仕入れてしまったのだろう。
自分の周囲では少なくとも「キンダビカリ」とおぼえていた人が15人は存在したはずだ。

真実を知ったところで、もうおそい。
自分はこれからも、あの逆光表現を見かけたら「あ、キンダビカリだ!」と思ってしまうだろう。

そして当時、「キンダビカリ」だと自分らに自慢げに解説していたヤツは、高層ビルの窓を清掃する仕事に就いてすぐに、仕事中に落下して亡くなった。
アイツは「キンダビカリ」だと思いこんだままあの世に行ったのかが気になる。

この先自分がどのくらい生きているのかは、わからない。
しかし、これだけはいえるだろう。

このまま「キンダビカリ」という言葉をかかえながら、自分は、死ぬ。

トイレ理論

たまに大きなトイレを利用すると、理解できないことが起こる。

 

小さい方をする便器がズラーっと並んでいるとき、自分はクセでいちばん奥を利用する。
これは同じような人も多いと思う。

 

大きな方もそうだ。
すべての個室が空いている場合、まず奥の部屋を使う。

これがふつうだと、自分は思っている。

 

しかし、奥で小さい方をしていると、知り合いならともかく、まったく知らないオッサンがいきなり自分のとなりに立つことがよくある。
なんなんだ、アレは。

 

図にすると

○○○○○○○○
と小便器が並んでいるとしよう。

 

自分が奥を使うと、

●○○○○○○○
となる。

 

ここでつぎに来た人も用を足すために

●○○○○○○●
とか

 

●○○○●○○○
なら、べつになんでもない。

だが、

 

●●○○○○○○
と、いきなりとなりに立つのだけは、意味がわからない。
はっきりいって、理解に苦しむ。

 

トイレで「奥の便器から利用してください」などという注意書きなど見たことがない。
そんなルールやマナーは存在しないはずだ。

 

個室も同じである。

□□□□□
と並んでいる個室に入ったら自分は

 

■□□□□
と利用することが多い。

 

ここでつぎに来た人も個室を利用するために
■□□□■
とか

 

■□□■□
なら理解できる。

 

一般的な感覚の持ち主なら

■□□□□
という状況を見たら、せいぜい

 

■□■□□
までが限界だろう。

 

なぜ
■■□□□
と使う人がいるのか。
理解に苦しむ。

 

また、自分がトイレに入ったときに
■■□□□
という状況だったら、

■■□□■
という選択肢しか、ない。

 

どう考えても
■■■□□
とは、ならない。


自分は、できるだけ音を聞かれたくない(聞かせたくない)という理由が多分にあるのだと思う。

 

だが
■■□□□
と特攻してくる人は、そんな人のキモチもおかまいなしに、ここにはとても書けないような効果音を出すのである。

 

問題なのは、これが自分だけの感覚なのかということだ。
もしかしたら自分の脳にとんでもない欠陥があるからこんなことを考えているのか。
もしくは、これが一般的な感覚で自分はセーフなのか。

 

この案件、もう20年以上前からずっと気になっている。

1章 1節 『こつぶ』

やりとげたためしがないアレ

「ナッちゃん、まだかよ。中に人いるからヤバいって!」

「待って、もうすこしで取れる!」

 

いつもより時間がかかっている。

 

「あ、人が来た!」

「よし、取れた!」

 

ガコン。

 

「オーちゃんは、なにがいい?」

「え!? いいから逃げないと!」

「はやく選んで!」

「あーあー・・・・じゃあブドウジュース!」

「ブドウジュースはむずかしいから『こつぶ』ね!」

「なんでもいいから!」

「よし、取れた!」

 

ガコン。

 

コーヒーと『こつぶ』というオレンジジュースの缶をそれぞれの手に握り、ふたりは自販機から離脱して中央公園に逃げた。

見つかってはいない気がした。

 

ふたりは下校途中にあるプレハブ事務所の前に設置された自販機から、ジュースを「拝借」するのが日課になっていた。

 

自販機の取り出し口から手を突っこんで、上のほうにある缶に指を引っかけると、缶ジュースが落ちてくるのである。

ただしこれにはコツが必要なうえ、落ちてきたジュースの缶は、かならずヘコんでしまうという欠点があった。

そのため、缶がヘコんでいるジュースを飲んでいる人を見かけると、ああ、そういうことなんだなとすぐにわかるのだった。

 

構造上の問題で、自販機の商品ディスプレイで見た真ん中にあるコーヒーはカンタンに取れるが、両端にいくほど難易度が上がり、とくにいちばん左にあるブドウジュースは、かなりの熟練を要した。

 

「はぁ、はぁ」

「あー疲れた」

 

コーヒーを取ったら逃げればいいのに、ボクのぶんまで取ろうとするナッちゃんに、ボクはけっして尊敬ではないけれども尊敬に似たなにかの感情をいだいていた。

 

ボクは、ブドウジュースを取れたことは、一度しかない。

ちなみにナッちゃんよりもボクの腕のほうが圧倒的に長いのに、かなわなかった。

 

この日に飲んだ『こつぶ』は、人生の中でいちばんおいしい『こつぶ』だった。

【緊急】ゴジラ映画全通Tシャツが出るぞ!【速報】

これは買うしかない!

 

godzilla.store

 

 

そして10秒後・・・・

 

 

f:id:TKPTKP:20170211003158j:plain

 

 

チョロすぎウケるwwww

序説

やりとげたためしがないアレ

午後8時13分。

 

「ふぁぼっても、いいんだよ?」

 

彼女のそのツイートで、世界が、動いた。

 

彼女のツイートを見た者すべてが、ふぁぼった。

彼女のツイートを見た者すべてが、リツイートした。

 

彼女のツイートを見た者すべてが、ふぁぼったあとに、リツイートした。

 

一般的には、ツイートから10分間以内に10回リツイートがないと、そのツイートが100ふぁぼに到達することはないとされている。

 

しかし、彼女のそのツイートは、そういうレベルを超えていた。

5秒後には1000回リツイートされ、さらに拡散スピードは伸びていった。

 

興味本位で彼女のツイートのURLを何度もリロードする者がいた。

彼がリロードするたび、そのツイートのふぁぼとリツイート数のケタは増えていった。

 

街でスマホの画面を見ながら彼女のツイートをリツイートした若者がふと空を見上げると、日没から数時間たった夜空にキラキラと輝いているなにかが降ってきているのに気づいた。

 

なにかが降ってきている気がする。

しかし、アレがどこに落ちるのかは、わからない。

 

そんな、なんとなく降ってくるんだなあという感覚。

隕石なのかどうなのかも、わからない。

 

ただ、アレが落ちてきたらヤバイよな? とだけは、彼にも理解できた。

 

スマホの画面を見続ける者。

空を見上げる者。

 

自分の最後の瞬間は、どうしたらいいのか。

スマホの画面を見ているほうがいいのか。

空を見上げているほうがいいのか。

 

スマホの画面を見る。

空を見上げる。

 

上がる。

下がる。

 

食べる。

吐く。

 

攻撃する。

防御する。

 

辛い。

甘い。

 

スキ。

キライ。

 

チ◯◯。

マ◯◯。

 

DQ

FF。

 

生きる。

死ぬ。

 

ある行動を選択した瞬間に、その逆の選択は失われる。

 

人生は、選択の繰り返し。

 

選択を誤った時点でゲームオーバーになるかもしれないし、アメリカンドリームのような大富豪になれるかもしれない。

 

人生は、選択の繰り返し。

 

ずっと健康でいられるかもしれないし、若くして不治の病になるかもしれない。

 

そして、そんなことはどうでもよく、それぞれの立場はそれぞれに、それぞれの時間は流れていくのである・・・・。

逆張りでしか語れない人は、すごいよなっていう話

きょうは夕方から、ねむ推しの人と、松戸のホルモン焼き屋で飲んでから、なぜか銀座に移動して、ビールが1本6000円するような店でなぜかゴニョゴニョしていただいて、ひとり2000円くらいという、よくわからない飲み会のあとに、有楽町駅の有名なクズが集まるようなあの立ち飲みエリアに参加させてもらって、よくわからないけど、よくわからないままの飲み会だった。

 

よくわからないけど、最終的に集まったメンツが、いつぞやの四文屋と同じだったのがウケるwwww

 

よくわからないまま断言しちゃうけど、このメンツはホントにアル中のクズばかりだと思ったwww

 

アル中のクズ。

 

自分は、ホントにふつうのサラリーマン。

ほかの3人は、マジでなにやってるのかよくわからない。

 

アイドルというか、でんぱ組.incを応援するようになってから、自分は変わった。

 

まず、声が大きくなった。

 

「しかもカワイイ!!」

 

これは仕事をするうえで、ものすごく評価が高くなった。

つまり、ボーナスの金額が多くなったってことだ。

 

そして、周囲を巻き込むようになった。

なにかめんどくさいこと案件を頼まれたらすぐに「みんな、こんなヤバい案件きたウケるwwww どうすんだこれwwww」

と、自分で抱えこまずに全員でヤバいウケるwwww みたいに共有するようにした。

 

これはホントに効果が大きかったと思う。

 

めんどくさい案件を上司になすりつけられそうになったら、すぐにそれを拡散するといい。

 

理不尽なことを頼まれたら、自分で抱えないで「これこれこうやってくれって命令されたけど、どうしたらいいと思いますか!!」って叫ぶといいと思う。

 

一気にラクになるし、仕事も進むと思う。

 

つぎはみんなで、しちりんだな!

というアレのアレな話です。

 

みんなも、過激的なブログとかのタイトルだけを見て釣られて拡散するようなアホとかバカにはならないようにしようね。

 

なにをやるにしても。

 

「推しに喜んでもらう」

 

が最優先だと思います。

 

第2回 ゴジラ映画をすべて観た人のお悩み相談コーナー

まさかと思ったが、また質問がきたので答えてやる。

 

「今月から5時までの勤務になり息子と昼夜逆転の生活になってしまいそうで病んでいます...どうしたら良いでしょうか?推しのアイドルが深夜に活動する特性を持っているので、推しのツイートに対して一番初めにksrpを送りたいがために深夜に起きていられるよう深夜勤務にしてしまいました……◯◯◯◯◯さんは永遠のライバルです」(でんぱ組大好き@みりん推しさん)

 

まず最初に言っておく。

日本語でおk。

 

要約すると

「最近息子が産まれたが、今月から夜から朝5時までの勤務になってしまい、息子の顔を見られなくなるので病んでいる。それとはべつに、古川未鈴ちゃん(丸い)は深夜にツイートをすることが多いが、自分は仕事中なので真っ先にクソリプを送りたくても、即リプで有名な人にどうしても勝てないから困っている」

ということでいいのだろうか。

 

夜勤になったせいで息子の顔が見られないのと、推しに真っ先にリプできないという問題を天秤にかけて、推しへのリプを選んだということか。

 

それはそれでいいのではないだろうか。

ただ、配偶者にはナイショにしておいたほうがいいと思うぞ。

 

しかし、貴様が勝手にライバル視している相手。

最近はもっとリプが速いヤツが台頭しているぞ。

貴様の情報は古い。

 

おそらく専用サーバを建てて、スクリプトを組んで、FXの自動取引のように真剣に取り組まないと、真っ先にクソリプを送るのは、あきらめたほうがいい。

 

逆にいえば、専用サーバを建てて、スクリプトを組んで、FXの自動取引のように真剣に取り組めば、貴様は昼間に息子の顔を見られて、深夜は推しのツイートに最速でクソリプができるようになる。

 

わかったか!

 

 

 

※運営より※

いつも「ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ」をご覧になっていただき、ありがとうございます。

運営の成瀬ゴジ美と申します。

 

このお悩み相談コーナーは今後も相談を募集しています。

コメント欄にお悩みを書きこんでいただければ、つぎの記事で当ブログの代表から誠心誠意をもって、お答えさせていただきます。

 

深刻なお悩みでもだいじょうぶです。

「長文には長文で返す!」と、当ブログの代表も息巻いております。

 

 今後とも「ゴジラ映画をすべて観た人が語るブログ」を、どうぞよろしくお願いいたします。

 

悪魔と戦った中学生の話

中学生のころ、なんの授業の担当だったか忘れてしまったが、

わからないことがあったら辞書を引け! とにかく辞書を引け! 辞書がボロボロになるまで引け!」

が口グセの教師がいた。
あまりの辞書を引けアピールに、生徒たちはべつの意味で引いていた。

また辞書を引いてないヤツは辞書の横が汚れていないからすぐにわかるんだからな!」とも言っていた。

 

f:id:TKPTKP:20170204212227j:plain

「辞書の横」というのは、小口のこと。

※この画像はもちろん、無断転載である。


すでにヤツは、「生徒に教育をする」という本来の使命を忘れ、まるで辞書の暗黒世界に魂を売ったサタンもしくは、グレーターデーモンであった。


人ではない。
人の姿をしたバケモノ。

しかし、われわれ人間だって、そんな悪魔にやすやすと負けるわけにはいかない。
ポツダム宣言を受け入れ陛下がウケたwwwwじゃなくて、受けた屈辱に涙した神国日本の民の子孫である。

われわれは悪魔に対抗するために、まずは辞書をパラパラマンガのように何度も何度も親指の腹でこすった。

 

ある者は、体育の授業が終わったら手を洗わずに辞書をひたすら親指の腹でこすった。

ある者は、6Bの鉛筆の芯を親指なすりつけてから、それを辞書にうつした。

ある者は、鼻の脂を辞書の小口にこすりつけた。

何度も何度も。

こうして、ほとんどの生徒の辞書がかなり使いこまれたような状態になった。

「どこを見ればその辞書が使いこまれていないのかがわかる」という情報をみずから口にした悪魔をわれわれは半分バカにしていたのかもしれない。

しかし、あの悪魔は、そんな子どもたちの悪知恵などとっくにお見通しだった。
おそろしい! ああ、おそろしい!

「辞書を引けば、自然にページがしわくちゃになったりするんだ! そんな横だけ汚したってすぐにわかるんだからな!」

油断した。
失敗した。

この悪魔は、教師になってから(辞書の暗黒世界に魂を売ってから)もう何年もたっている、高レベルの悪魔なのである。

血で真っ赤な戦場に残ったのは、小口だけやたらと汚れているが中身は真っ白い雪原のような辞書だけだった。

そのあとも自分のように、辞書を1ページずつ軽くクシャクシャにして中身も使いこんだように見せようと最後まで抵抗を試みる者も数人いたが、いずれ中学2年3年と進級するうちに、あの悪魔の言っていることは正しかったんだと、生徒たちは思い知らされることになる。

さて、自分が知るかぎり、あの教師こそが世界最速で地上に降臨した「ググレカス神」である。

現在も教師を続けているとは考えにくいが、いまの時代に「辞書を引け」と言われた中学生がそれにしたがうかというと、はなはだ疑問であるが、たしかにググるのと辞書を引くのでは、そのあとの記憶に差が出るように思う。

よく「インド料理は手で食べないとホントの味はわからない」というが、やはり調べ物をするときにも視覚だけでなく、触覚も伴ったほうがいいのかもしれない。

そういう意味では、映画館の4DXで「シン・ゴジラを観ておけばよかったか。

 

時すでに遅し。

第1回 ゴジラ映画をすべて観た人のお悩み相談コーナー

まず、きのう自分が書いたブログを読んで、あまりのバカさに震えた。
ふつうに「コメント欄やtwitterで聞いてくれ」と書いてあるのに、twitterで聞いてきた人に「ブログで聞いてくれ」と答えている。

なんというバカなんだ。
ホームラン級のバカである。

というわけで、オレ様の人望のおかげで合計3件もの質問が届いた。

少なすぎ病んだ。

まずはこの質問だ。

知人が約束した期限を過ぎてもソープに行ってくれないのですが、どうすればよいでしょうか」(20代 匿名希望さん)

これはwww
一発でだれのことかわかってしまったウケるwwww
そういえば「はい」「いいえ」を輸入する速度はだれよりも早かった気がするwww

結論としては、ソープに行け。

むしろ、自分がソープに行くという、攻めの姿勢を検討してみるのもいいのではないか。
自分がまずソープに行き、いかにアメージングなエクスペリエンスを得たかというレポートを記せば、それにつられて相手もソープに行ってしまう可能性は捨てきれないだろう。

使わないと決めた「ソープに行け」をいきなり使ってしまった病んだ。

つぎの質問にいこう。

「お勤めご苦労様です。当方在宅ですが質問失礼致します。顔が好みという理由でピンさん推しだったのですが、たまたまアメーバのTVで『もがマガ』を観て以来、もがさん推しになりました(理由:とても面白かったから)。
そこで質問なのですが、TKPさん的に、グループ内推し変について、どう思われていますか。また、よろしければ、TKPさんから見た、ピンさんともがさんの良いところを教えてください。」(サ右豆頁さん)

なんでオレ様のブログにでんぱ組.incの質問がくるんだよウケるwwww

まずその「お勤めご苦労様です」をやめろ!
オレ様はヤクザではない!
(正確には、足を洗った)

ピンキー! からもがちゃんに「顔が好み」という理由で推し変をするというのは、はじめて聞いたかもしれない。。
たぶん貴様はニュータイプだな。
でもたしかに最近のピンさんはカワイイからな。
わからないでもない。

なかなか自分は観る時間が取れずにいるので『もがマガ』を観たのは数えるほどしかないんだが、あの番組はたしかにおもしろい。
オレ様の印象としては、あの番組でのもがちゃんは、イキイキしているな。

で、質問の核だと思われる「グループ内推し変」か。
かくいうオレ様も、これは墓場まで持って行こうと考えていた情報なんだが、最初の現場で振っていたサイリウムは、黄色ではなかった・・・・。あ、これ消していいですかね?

これはアレだな。
オレ様がでんぱ組.incを知ったきっかけは、どこかのクソみたいな2ちゃんねるまとめサイトに貼られた「W.W.D」という曲だった。
それを観たオレ様は思ったよ。

「なんだこれすごい」

オレ様も若いころには数々のブラック企業を転々と渡り歩くような人生を歩んでいたので、どこかで挫折して一定期間の引きこもりを経験しているわけだ。

そんなオレ様にとって、この曲は完全に「刺さった」といえる。

ヤバいまったく質問に答えていないウケるwwww

で、かんじんのグループ内推し変だが、質問にもあるが貴様は在宅ということだな?
在宅にも程度があると思うが、もしメンバーに推しを知られていない状態ならば、かまわないのではないだろうか。

逆に、推しに顔を認知されてからのグループ内推し変は、かなり険しいと思うぞ!

たとえば貴様がアイドルだとして、いままで自分のことを応援していてくれたのに、いきなり「いやー、やっぱボク、○○ちゃんのほうが好きだから推し変するね!」とか言われたらぜったいにイヤだろ?

いや『ときめきメモリアル』というゲームで、最後の卒業式の日に好きなコに告白したら「告白されても困るし、ここにあなたに呼び出されていっしょにいるところをほかの人に見られるだけで恥ずかしい」と言われるようなモノだぞ?

よし、まとめるぞ。
オレ様は認知をもらってからの推し変はクソだと思う。
また「推し増し」と称しての事実上の推し変は、死刑だと思う。

これくらいでいいか?
しかし、世の中にはいろんな考えの人がいるからな。
オレ様の意見だけを信じるのもよくないぜ。

あと、貴様にはひとつだけお礼をしたい。

『もがマガ』
この『』だ。

オレ様は以前は「」と『』を厳密に使い分けていたんだ。
『』の出番はおもに、作品名だ。
だが、一般常識として『』をそういう用途で使うのはまちがっているらしいと聞いて、使うのをやめたよ。
なにもかも「」で済ませるようにしてから3年くらい経った。

しかし貴様の『もがマガ』という文章を見て、オレ様は身が震えたよ。
やっぱり作品名には『』が最強だ!

これからオレ様は、いままでどおり『』をガンガン使っていく。
ありがとう。ホントにありがとう。

ちなみにオレ様がよく使う語尾の「・・・・」という表記。
これも常識ハズレらしい。

「……」が正解とのこと。

「…」のことを「三点リーダー」と呼ぶ。

つまり

「ざわざわ・・・・」←不正解
「ざわざわ…」←不正解
「ざわざわ……」←正解

なんでも、三点リーダーは2回連続して使うという法律が存在するらしい。

じゃあ最初から「てん」で変換したら「……」って候補を出せよクソが!!

よし、最後の質問だ。

「こんにちは、いつも楽しくブログを拝見させてもらってます。アイドルには微塵も興味が無いのですが成瀬瑛美さん(カワイイ)に詳しいとお見受けしたので質問させて頂きます。知っている限りの彼女の好みの男性のタイプ(容姿や性格、趣味をなるべく細かく)を教えてください?」(えいたそかわいいさん)

なんだこの質問。険しいな(怒)
まず、いつも楽しくブログを拝見していますってのが完全にウソくさい。
そして、アイドルに微塵も興味がない。
そして、成瀬瑛美さん(カワイイ)に詳しいとお見受けした。

貴様のほうがどう考えてもくわしいだろこれ(怒)
あと、「成瀬瑛美さん(カワイイ)」じゃなくて「成瀬瑛美ちゃん(カワイイ)」だから。
ちゃんとおぼえて?

彼女の好みの男性のタイプか。
おそらく既婚の40代で、身長は176㎝、体重は65㎏。
好きなアニメは『魔法のスター マジカルエミ』みたいなヤツだろうな。

それは冗談として。

彼女の好みの男性のタイプって、そういえばぜんぜん知らないな?
おそらく、父親のことはタイプというか好きだと思う。

彼女に握手会やサイン会で「ボクのこと好き?」みたいなことを聞いたこともないぜ。
それ以前に名乗ったこともないな病んだ。

おそらく、2次元の世界には彼女の好みの男性のタイプがたくさんいると思うが、オレ様には彼女がふだんツイートしている腐っていそうな内容がまったく理解できないんだよな。

かといって「つぎの接触イベントで聞いてきてやるから待ってろwww」とは言えないぜ。

ここは貴様が本人にtwitterやらブログやら接触イベントやらで直接聞いてみるのがいちばんいいと思うぞ。

もちろん、その情報はちゃんと報告しろよ?

こんなところでいいか?


よし、お悩み相談だけで記事が完成してしまった。
これもオレ様の人望だな~(だな~)

というわけで。
これからも、なにかオレ様に聞きたいことがあったらコメント欄に書いてくれよな。
誠心誠意をもって回答してやるぜ。

なんとかインタビューみたいなサイトより、ちゃんと答えるつもりだ。


最後に。。
この記事を書いている途中でわかった。
わざわざ言わなくてもいいようなことを書かせた、今回の質問者たち。おまえら完全にグルだろ!